瀬戸内海産牡蠣

ご存知ですか?旬の素材、牡蠣の3つのポイント

  • point1 牡蠣の疲労回復

    漢字では「秋刀魚」と書くサンマ。形も色も刀に似ていて、秋にとれる刀のような魚ということから名づけられたといわれています。 「サンマ」という呼び方については、ふたつの説があり、ひとつは、その形から「細長い魚」を意味する「サマナ(狭真魚)」→「サマ」→「サンマ」と変化したという説。ふたつめは、大群で泳ぐ習性があるので「大きな群れ」を意味する「サワ(沢)」と「魚」という意味の「マ」がくっついて「サワンマ」→「サンマ」になったという説です。

  • point1 牡蠣で美肌

    サンマにはたくさんの栄養が含まれています。 必須アミノ酸をバランスよく含んだ良質のタンパク質や貧血防止に効果のある鉄分、粘膜を丈夫にするビタミンA、また骨や歯の健康に欠かせないカルシウムとその吸収を助けるビタミンDも多く含んでいます。

  • point1 牡蠣で冷え性対策

    1.頭から背中にかけて盛り上がり、厚みのあるサンマの方がより脂が乗っています。 2.魚は内臓から悪くなるので、お腹が硬いサンマの方が新鮮です。 3.黒目の周りが濁ってなく、透明で澄んでいる事。 4.尻尾を持った時、刀の様に一直線に立つサンマは新鮮です。 5.口と尾が黄色いものは脂が乗って美味しいと言われているが、最近ではそうではないという説もあります。

すし丸で食べられる!おすすめ旬の牡蠣メニュー

  • 殻付蒸しガキ
    北海生サンマ   180~250円+税
  • 殻付蒸しガキ
    北海炙りサンマ   180~250円+税
  • 殻付蒸しガキ
    サンマの天ぷらにぎり   180~250円+税
  • 殻付蒸しガキ
    サンマのお造り ”売切御免” 400円+税
  • 殻付蒸しガキ
    旬のお造り三種盛り ”サンマ・サーモン・生イカ” 400円+税

Copyright© SUSHIMARU. All rights reserved.