瀬戸内海産牡蠣

ご存知ですか?旬の素材、牡蠣の3つのポイント

  • point1 牡蠣の疲労回復

    土用 とは、 立春(2月4日頃)立夏(5月5日頃)立秋(8月7日頃)立冬(11月7日頃)の前18日間を言います。それぞれ、立春前の「冬の土用」が1月17日頃、立夏前の「春の土用」が4月17日頃、立秋前の「夏の土用」が7月20日頃、立冬前の「秋の土用」が10月20日頃から始まります。その中でも、現在は「夏の土用」の間の丑の日にうなぎを食べる「土用の丑」という行事が有名です。

  • point1 牡蠣で美肌

    一説では江戸時代、夏になると暑くてうなぎが売れず困っていたうなぎ屋が学者である平賀源内に相談したところ、源内が「今日はうなぎの日です(うなぎを食べよう)」という張り紙を店の前に張り出したことで、うなぎが飛ぶように売れたそうです。これがきっかけとなり、現在も夏の土用の丑の日にはうなぎを食べると言いますが、詳しい事は分かっていません。

  • point1 牡蠣で冷え性対策

    鰻には身体に良いとされる栄養がたくさん含まれています。うなぎは、ビタミンA、B1、B2、D、EやDHA、EPA、 ミネラル(鉄、亜鉛、カルシウム)など身体に大切な栄養素が大変豊富な事でも有名です。 うなぎは夏バテ解消の疲労回復の効果以外にも、視力の低下や皮膚などを健康に維持する美容効果、脳卒中の予防、口内炎、丈夫な骨の維持、高血圧の予防などさまざまな効果があります。しかも低カロリーですので、うなぎは身体とっては実に理想的な健康食品なのです。

すし丸で食べられる!おすすめ旬の牡蠣メニュー

  • 殻付蒸しガキ
    炙りうなぎ 400円→300円+税
  • 殻付蒸しガキ
    炙りうなぎ大ネタ一貫にぎり 400円→300円+税
  • 殻付蒸しガキ
    うな玉ロール 180円+税
  • 殻付蒸しガキ
    ○「お持ち帰り」
    炙りうなぎの箱寿司 1000円+税
  • 殻付蒸しガキ
    ○「お持ち帰り」
    すし屋のうな重ひつまぶし折 1380円+税
  • 殻付蒸しガキ
    ○「お持ち帰り」
    うまき 1本:1280円+税
      ハーフ:640円+税

Copyright© SUSHIMARU. All rights reserved.