瀬戸内海産牡蠣

ご存知ですか?旬の素材、牡蠣の3つのポイント

  • point1 牡蠣の疲労回復

    マイワシは大きいものだと25cm程になります。背は黒に近い紺色で腹は銀色に光っています。大きな特徴はナナツボシと呼ばれる所以の斑黒い点で、背と腹の境目あたりに濃い黒い斑点が並んでいます。また、それと平行に薄い色の斑点も見られます。 「イワシも七度洗えばタイの味」と言われるように、よく氷水で洗ったイワシは生臭さもなく非常に美味しいです。

  • point1 牡蠣で美肌

    マイワシの漁獲時期は産地によってかなりばらつきがあり、沢山出回る時期を旬とするならば産地ごとに大きくずれることになります。また、イワシは回遊し、その年によっても獲れる時期がずれることも多く、一概には言えないのが実情です。ただ、一般的には5月から10月にかけてがマイワシの旬と言われています。

  • point1 牡蠣で冷え性対策

    マイワシはイワシ類の中で、脂質量が多く、その脂には、脳を活性化するDHAや血液をサラサラにし、血管系の病気予防に効果のあるEPAが多く含まれています。また、EPAは肝臓に働きかけ、中性脂肪の合成を抑える働きがあります。EPAの必要量は一日1グラム。ちょうどマイワシ1匹分(約100g)が目安とされています。また、脂質の代謝を促す分解ビタミンのビタミンB2も含まれているので、脂肪が気になる方にはおすすめです。

すし丸で食べられる!おすすめ旬の牡蠣メニュー

  • 殻付蒸しガキ
    真イワシのにぎり ”売切御免” 250円+税

Copyright© SUSHIMARU. All rights reserved.