瀬戸内海産牡蠣

ご存知ですか?旬の素材、牡蠣の3つのポイント

  • point1 牡蠣の疲労回復

    瀬戸内海は浅瀬が多く、海底まで光が届くため、プランクトンが発生しやすい環境です。さらに、四方の山から流れ出た栄養分が溶け込んだ川が多く流れ込んでいるため、魚の餌となるプランクトンや小さな海老・蟹が豊富に育ちます。豊富な餌を食べ、瀬戸内海の強い潮流の中を泳ぎ回った魚は、身が引き締まり旨みが凝縮された美味しい魚に成長します。

  • point1 牡蠣で美肌

    春に旬を迎えるマダイのこと。マダイは桜の花が咲き始める3~6月頃産卵の為に浅瀬に来るのでこの時期のマダイのことを桜鯛と呼ぶ。この時期のマダイは脂がのって最もおいしいとされ、他の季節のものと区別され珍重されている。刺身や煮付け、塩焼き、どれでもおいしく食べることができる。

  • point1 牡蠣で冷え性対策

    姿・形が美しく「めでタイ」にも通じるため、祝いの席には欠かせないタイ。まさに白身魚の王様である。その魅力はなんといっても身の弾力性。特に天然物は噛むと歯を押し返してくるほど。

すし丸で食べられる!おすすめ旬の牡蠣メニュー

  • 殻付蒸しガキ
    真鯛のにぎり 300円+税
  • 殻付蒸しガキ
    真鯛の昆布〆(塩昆布のせ)300円+税
  • 殻付蒸しガキ
    真鯛の焼霜にぎり 300円+税
  • 殻付蒸しガキ
    旬ネタ三昧 300円+税

Copyright© SUSHIMARU. All rights reserved.