瀬戸内海産牡蠣

ご存知ですか?旬の素材、牡蠣の3つのポイント

  • point1 牡蠣の疲労回復

    • まぐろの語源は「まっくろ」という言葉から来ていると言われています。もともと体温が高い上に、死後急激に上がる為、身が焼けてしまい、直ぐに「まっ黒」になってしまう事から、これが転じて「マグロ」になったという説。目が黒い事から「目黒(めぐろ)」が転じて「マグロ」になったとか・・・たくさんの説があります。

  • point1 牡蠣で美肌

    • マグロは部位による味や価格の違いも大きい。まず、魚体の中心を走る骨の上側が背で、下腹が腹。腹のほうが脂ののりがいい。次に、頭側から順にカミ、ナカ、シモとなる。カミに近いほど脂ののりがよく、シモにかけて脂ののりが薄くなる。また、カミ寄りの部位ほど高価。

  • point1 牡蠣で冷え性対策

    ••鮮やかな赤色に輝くつやめく身は、口に含むと舌にねっとりとからみついてくる・・・。マグロは日本人が最も好む魚で、握りは赤身や脂ののったトロ、漬け汁で味付けしたヅケ、巻物なら鉄火、ネギトロなどと、さまざまなスタイルの寿司として楽しめる。

すし丸で食べられる!おすすめ旬の牡蠣メニュー

  • 殻付蒸しガキ
    本鮪三昧 「中トロ・大トロ・上赤身」  600円+税
  • 殻付蒸しガキ
    本鮪大トロ   600円+税
  • 殻付蒸しガキ
    本鮪中トロお造り   500円+税
  • 殻付蒸しガキ
    真イワシのにぎり   180円+税
  • 殻付蒸しガキ
    炙り真イワシ   180円+税
  • 殻付蒸しガキ
    真イワシの天ぷらにぎり   250円+税

Copyright© SUSHIMARU. All rights reserved.